今年の技術書!

アドベントカレンダーに参加していたけど完全に二十何日だと思っていて十三日を過ぎてしまいました。なので急いで今年読んだ「技術書」書きたいと思います。

あれっ!?そういえば今年何か技術書読んだっけ?
そうだ!あれを読んだぞ。ということでまずはこれ!

《送料無料》ロベールのC++入門講座

《送料無料》ロベールのC++入門講座
価格:4,104円(税込、送料込)


まずこれ、分厚いことこの上ないタウンページ二冊分くらいあるんじゃないのか?
これは、初心者が勉強用にも中堅レベルの人たちにも全然使えます。つまり買っても長い間お世話になることができます。

でも、ぼくみたいなC言語からのC++への移行族にとってはかなり読みにくいです。
当然
printf("hello world");
scanf("%d",%hensuu);
なんて使わず
cin >> hensuu;
cout << "Hello world";
を使ってる完璧C++erのローベルさんが書いてるんでしょうね。include文でさえinclude<stdio.h>でかくつまりcstdioなんて書かないCerだからかなり読みにくかったですね。
でもかなり広い範囲押さえてるので長年お世話にはなれますよ(僕は図書館で借りましたけど...)

次にこいつ!技術書っていっていいのか分からない


これはサイバー攻撃の手口などをとにかく詳細に書いてあり、読むだけでかなりワクワクします。さらにプログラムの解析方法などもかなり詳細に説明してあり良本です!


この二冊で結構あちらのブログに上げるプログラムの参考にしています。インターネットセキュリティ逆引き大全333の極意なんかは最後のページにコンピューターウイルス一覧表やポート一覧表があるので見てても飽きません。しかも楽天で見ると198円でした中古ですが結構面白いです
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。