スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己進化タイププログラムの作成

初日


「どんどん自分の中身を少し変えたモノをコピーしてそれを実行させてPCを重くさせ、PC内に大量のファイルを作成する迷惑プログラム」を作ろうと思って組んでみたんですけど、そこでふと

「これって応用したら自己進化プログラムが組めるんじゃねぇ?」

と思いましてとっかかってみました。(遺伝的アルゴリズムを使わずに)
まず考えられる問題として
「一文字でも間違えればVBやC++ではすぐにエラーが出て実行できない!」
そこで比較的エラーに寛容なhtmlを用いてみることも考えましたが、PCで何度も同じプログラムが起動するのでブラウザを使うと重すぎる!コアプログラムを起動させておいて全てそこで管理する方法も考えている動作をさせようと思うと面倒、でボーっと考えているとふと頭に浮かんだのが「bat」そうパッチファイル。すぐに試してみることに、
まず

echo テスト1
ech テスト2
echo テスト3

と入れて実行すると、

テスト1
'ech'は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能な...
テスト3

と出力されました。おっこれは出来るのではないか!(識別できないコマンドを飛ばして次へ行っている)
だが、しょせんはパッチファイル変数やらif文やらあるのかなぁ~?と思いググってみるとあるわあるわ

SET /A 変数名=[数式]
if 条件 (
)

次回は動作とコードを考えていきたいと思います。

二日目


chart.png
ざっと大まかに考えてみたプログラムの形はこんな感じです。実際に組んでみようと思います。
しかし、このままだとどんどんパッチファイルが起動しメモリーを使い切ってしまいます。そこで、寿命をつけようと思います。
乱数を用いて、25%で5秒 50%で10秒 25%で15秒 って感じかな?
ファイル名も考えないといけない。"乱数".batにするとbatでは乱数は0~32767の範囲ということらしいので32767個までしか作れない。打開策を考えなければ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。